Bスポット治療記

2019年6月13日

なんか2月くらいまでBスポット治療の日記つけてたんですけど

あんまり大きな変化もなく、コレと行って書くこともなかったので

サボってたんですけど、まあ細かいことでもまとめとこうかなって

似たような内容が続くかもしれませんが

それではさっそく書いときます!

日記なんで文体とかすこし変わって事務的になってます笑

治療前の体調

  • 少しの倦怠感
  • 上咽頭は腫れている感じ(痛いというより痒い)

治療内容

鼻の治療:左右の鼻の穴に綿棒2本ずつ、計4本でグリグリ

出血は多め、痛みはあまりなし

痛みに慣れてきたのかもしれないがもともと鼻はそれほど痛く感じない

前回とはアプローチの仕方が違った(前回は左右1本ずつだった)

喉の治療:いつもどおり、喉の上の方にこすりつける感じ

出血あり、痛みあり

ただしどちらも軽減している

喉からの治療を始めたときは激痛で出血も凄く

4日ほど血痰が続いたが最近は長くても2日でおさまる

感想

今日は午後からの治療、なんと1番目

春、冬に比べると耳鼻科の混雑具合が格段にさがっている

5月の前半までは週1で通っていたが、最近は10日に1回のペースにした

月に3回だが、週1のときと体調はあまり変わらなくなった

むしろ良くなっていると言っても過言ではない

喉からの治療を始めてからの体調の上がり方が顕著

最近気になるのは喉が痛いという状態から痒いという状態になったこと

傷が治るときに痛みからかゆみに変わる事があるが

似たようなものだと考えている

ポジティブに考えることは大事だと思う

またMSMプレフィアがしみるようになったが

症状はあまり大したことないのも不思議

Bスポット治療によって腫れていた部分が減っていくことで

今まで埋もれていた炎症に当たるようになったのか

とにかく体調は良くなっているので

これからもこのコンディション以上を保てるようにしていきたい

堀田先生の新しい本を探しているが

近所には全然置いてない

もっと慢性上咽頭炎が知れ渡ってほしいとつくづく思う