MSMプレフィアの使い方

2019年10月20日

えふわんです!

さて、このブログでも何度かMSMプレフィアについては書いていますが、MSMプレフィアって使い方がわかりにくいと思うんです!

個人的には上咽頭炎に非常に有効だと感じている商品なのですが、説明が少ないというか…

いざ購入しようと思ってもどの商品を買えばいいのか分からない!

MSMプレフィアだけじゃなく微酸性電解水プレフィアという商品もあったり、点鼻用のケースもいくつか種類があったり…

というわけで今回は勝手ながらMSMプレフィアの買い方から使い方までまとめておきたいと思います!

MSMプレフィアとは

まず、MSMプレフィアとはどのようなものか

堀田修先生の書かれた慢性上咽頭炎関連の本に上咽頭炎のセルフ治療法がいくつか書かれていると思います

その中で鼻うがい、点鼻を用いるセルフケアで紹介されているのが生理食塩水、ミサトールリノローション、そしてMSMプレフィアとプレフィアです!

商品の選び方

まず迷うのはMSMプレフィアと微酸性電解水プレフィアどちらを買えばいいのかということ!

こちらにも書いたのですが特徴をあげていくと

MSMプレフィア

  • 粘膜の補強
  • 抗炎症作用

微酸性電解水プレフィア

  • 除菌作用
  • 菌を洗い流す

それぞれの主な効果はこのようになっています。

というわけで上咽頭炎に直接効果がありそうなのはMSMプレフィアの方ですね。

もちろん併用すればさらなる効果が期待できると思います!

※現在微酸性電解水プレフィアは生産を終了してしまいました。

どれを買えばいいのか

さて、プレフィアを買うにはオンラインのYahoo!ショッピングですが、調べてみると様々な種類の商品があり、どれを買うとよいのか迷ってしまいます

MSMプレフィアがほしい、そして初めて使うという方

まず、もちろん必須なのはMSMプレフィア

そして点鼻用の容器です。

※微酸性電解水プレフィアと書かれた商品はMSMプレフィアとは違います!

安いし大容量だからということで、ついつい買いそうになりますが

効果の違うものなので気をつけてください!

僕はめんどくさがりなのでこの容器にある程度MSMプレフィアを入れて、使うたびに上の部分だけ取り替えています。

本当は衛生的にも1回使い切りがいいと思うんですが、分量の調節が難しいんです…笑

容器10個入りなんていうのが売ってますが、家族みんなでMSMプレフィアを使うとかでなければ2,3個で十分だと思います。

遮光袋付きの容器は微酸性電解水プレフィア用なので購入しなくても大丈夫です!

微酸性電解水プレフィアも使いたい場合はこちらも購入するといいですよ!

 

MSMプレフィアの使い方

さて、ここからはどうやって使うのか書いていきます。

まず使う量ですが、こちらは片方の鼻の穴に2cc程度を目安に使用するのが良いとのこと。

ただ鼻に入れるだけでなく、上咽頭に行き渡るようにします。

コレが意外と難しいのでグローバルアイさんに問い合わせてみました。

頂いたメールには

天井を見上げ各1プッシュ。天井を見上げた態勢で頭を左右に軽く傾けると、液体が左右広がるので、そのままゆっくりと前を見る感じに体制を戻していくとよい。

と書かれていました。

自分はできるだけ頭を動かして染みる部分に当てるようにしています。

最後に

今回はMSMプレフィアについて書いてみました。

今は鼻うがいにハナノアを使用しているのですが、ストックが切れたら微酸性電解水プレフィアを使おうと思っています。

追記:微酸性電解水プレフィアの方も購入してみましたので記事を書きました

次は微酸性電解水プレフィアのレビューも書いていきたいと思っているので、その時はぜひ読んでいただけると嬉しいです!

今回も読んでいただきありがとうございました!

上咽頭炎

Posted by AVALON