Bスポット治療記 その3

第3回目のBスポット治療記です!

治療前の体調

  • 軽い倦怠感
  • 鼻の奥と耳の奥がズキズキする感じ
  • 喉の痛み(ほぼ無いが少しの違和感)

治療内容

鼻の治療:左右の鼻の穴に綿棒2本ずつ、計4本でグリグリ

出血はほぼなし、痛みはあり

綿棒は白と言っても過言ではないがヒリヒリした痛みがある

出血する痛さだなあと思ったがいざ綿棒を見てみるとほぼ白色

治療後鼻水に血が混ざることもない

鼻からの治療は40回ほどしているので、ほぼ治っているのだろうか?

喉の治療:いつもどおり、喉の上の方にこすりつける感じ

出血あり、痛みあり

前回に引き続いて綿棒が真っ赤ではなくピンク、本当に出血が減っている

もっと早く喉から治療をしていればよかったと思うほど喉の痛みに効果がある

ただ治療後は鼻からだけの比ではないくらい疲労感がある

最近は治療に使用した綿棒の血より、治療後の痰に混じる血の量のほうが多いような感じ

ただ、やはり血痰もすぐに出なくなる

感想

梅雨入りをしてから体の不調が増えた(胃痛、頭の重さなど・・・)

しかしそれとは反比例してBスポット治療での痛み出血はどんどん少なくなっている

上咽頭の炎症が治っても、体はまだ弱っていて様々な影響が出ているのかもしれない

水道で例えるなら水漏れしたときに元栓を締めても部屋がびしょびしょになっている感じ

元栓が閉まっている間にしっかり床や濡れた部分を拭いてきれいな状態に持っていきたいと思う

が、先週からお腹を壊してしまったので消化に優しいものしか食べれず、野菜もあまり食べれていないのが現状

この胃腸の不調もおそらく梅雨のせいなのだと考えている

梅雨よ早く終わってくれ!