みんなのレオ・レオーニ展行ってみた

2019年8月15日

どうもえふわんです。

GW、家でじっとしてるのももったいないのでお出かけしようと思いながら

テレビを見ていると、どうやら2019年4月20日(土)~6月2日(日)まで

ひろしま現代美術館でレオ・レオーニ展をやっているとのこと!

休日に美術館を訪れるなんて優雅でかっこいいな!

というわけで行ってきました。

レオ・レオーニって誰?

なんて思う人いないと思うんですけど一応紹介しときます!

レオ・レオニ(オランダ語: Leo Lionni、1910年5月5日 – 1999年10月11日)は、アメリカ合衆国、イタリアのイラストレーター、絵本作家。レオ・レオーニと表記されることもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8B

小学校の教科書でスイミーを読んだことある人が多いんじゃないでしょうか?

僕は小学生の時クラスでスイミーの劇をやりました!懐かしいです

あとは「あおくんときいろちゃん」を小さい頃両親に読んでもらっていた記憶があります。

絵本作家のイメージが強いですが、もともとは広告代理店でグラフィックデザイナーとして働いていました。

絵本作家になったのは50歳目前のときなんです!

思ったより遅いんですね

それから「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」といった名作をたくさん生み出していきます。

いざ展示会場へ

入場料は大学生が900円、お金を持って受付に並ぶと広島県内の大学生は無料とのこと!

学生に優しい街ですね!せっかくなので学生のうちに芸術にたくさんふれあいたいと思います。

可愛いチケットをもらって入場!

家族連れはもちろん、カップルやおじいさんおばあさんもいて老若男女が作品を鑑賞していました。

最初の部屋では

入って最初の部屋は絵本ではなく普通の絵画が年代順に飾られています。

レオ・レオーニが絵本を描き始めるまでの軌跡をたどることが出来ますね。

僕たちが知っているイラストとは異なる雰囲気ですが

黒いテーブルの上に様々なものが描かれた作品3枚に惹かれました。

レオ・レオーニが幼少期の思い出を机の上に並べた作品は少し絵本のようで親しみやすさを感じました。

探してもイラストが出てこないので、気になる方はぜひレオ・レオーニ展訪れてみてほしいです!

次の部屋から挿絵に使われた作品が何十枚も続きます!

絵本のコーナーへ

最初に見ることができるのはフレデリックというネズミの作品。

チケットにも描かれている可愛いイラストがたくさん飾られています。

そこから絵本のストーリーやメッセージの紹介文とともに

「アレクサンダとぜんまいねずみ」「じぶんだけのいろ」「せかいいちおおきなおうち」といった名作が!

絵本で見るときは気づかなかった事がいくつかあったのですが、ただ紙に絵を描くのではなく

色を塗った紙を切り貼りしたり、おそらくもともと柄のついた紙を組み合わせたり

様々な技法で作品を作り上げているのが印象的でした!

グラフィックデザイナー時代の作品も!

僕が皆さんに見てほしいのは絵本だけではなく、広告代理店で働いていたときの作品です!

コレが本当にかわいい!こちらも油絵同様ネットではみつかりませんでした…

ごちゃごちゃしているように見えて洗練された見やすいデザイン。

僕みたいな素人が拙い言葉でこんな事言うと怒られるかもしれませんが

あぁープロだなーと思いました笑

僕のブログをデザインしてほしいです…

いよいよスイミーを

そしていよいよスイミーとご対面!

この作品もただ絵を描いたのではなく版画で描かれています。

淡い色合いが生み出す透明感は圧巻です。

スタンプで描かれた小さな魚たちもかわいい!

この原画は世界で5枚しか無いらしいのでとっても貴重なんですね。

あおくんときいろちゃんコーナーでは

通路を通ろうとすると大きなスクリーンが

しかし何も描かれていません。

不思議だなと思いながら前を歩くとスクリーンに写った僕の影の上にオレンジちゃんが!

僕の動きに合わせてついてくるんです。

かわいいなあと思っているとカップルがやってきて

二人で前を通ると、きいろちゃんとみどりちゃんが現れて

色が重なると違う色になるというニクい演出が!

羨ましいなあと涙を流しながら会場を後にしました笑

最後はグッズコーナーへ

入場料が浮いたのでグッズを買おうと思い売店へ。

かわいいグッズがいっぱい置いてあります!

お土産の定番キーホルダーやお菓子、iPhoneのスマホケースやマグネットといった便利グッズまで様々置いてあります。

きっとネットで買えない商品もたくさんあるので欲しいものがあったら迷わず買うことをおすすめします!

最後に

愛らしい動物や魚たち、美しい背景、本物の作品を超間近で見られて本当に良かったです。

芸術って難しい、よくわからないと思う人も多いことでしょう!

何を隠そう僕もその一人です笑

それでもレオ・レオーニ展で見ることのできるイラストの数々は親しみやすく

心を穏やかにしてくれました。

子供向けの絵本作品ですが、そこから伝わるメッセージは大人になっても重要なことばかりです。

もしお子さんがいる方、は読み聞かせてあげてほしいし大人も読むべきだと思います。

今回も読んでいただいてありがとうございます!

興味を持った方は、ぜひ今すぐひろしま現代美術館へ!

というか広島は見るところがたくさんあるので遊びに来てほしいです笑

次は東京で開催されるそうなので、関東圏の方は夏休みに行ってみてください!

開催地はこちら