人間は数を数えるのが遅い、その理由は…

お疲れ様です。あぶぞーです。

今回は人間ってどうやってものを数えているかについて考えてみようと思います。
そして、今回は読者の興味を損ねないために、先に結論から言っておきます。

みなさんのものを数える能力、チンパンジー以下です!!

ってことで、みなさん問題です。次の絵にリンゴはいくつあるでしょうか?

 

 

リンゴが14個並んでいる画像

 

 

 

 

はい、答えは14個です。
皆さんはこのリンゴを数える時、心の中で、「1.2.3.4…」という風に言語化して数えていたと思います。
そのため、人がものを数えるスピードには限界が存在します。その人の言葉を唱える最高速が、その人の数える時の最高速になるわけです。
ってことで、数える速度をあげたい時は、早口言葉か、高速ラップの練習をしましょう。

対してチンパンジーは、先ほどの画像をみるとき、「リンゴが14個並んでいる画像」という風に捉えています。

端的に言うと、数えていないのです。同じものが14個並んでいるという情報をストレートに把握しています。

そのため、チンパンジーは人間よりもはやくものを数えることができるというわけです。

 

ってことで、今回は「チンパン」という悪口は、実は悪口ではないんじゃないの?というお話でした?
ここまで読んでいただいてありがとうございました。次回もよしなに